dJRLlrijuPzhQty1533622188_1533622858

 

 

肌の老廃物を除去する「角質ケア」が注目されるようになって久しいですが、最近ではエステや機械に頼らずとも手軽に角質ケアが行えるピーリング剤が簡単に手に入るようになっています。
一方でピーリングは「刺激が強い」「肌に悪い」などのイメージもありますが、実際のところはどうなんでしょうか。

・ピーリングってやっぱり危険なの?
・角質ケアの必要性とは?
・正しい角質ケアの方法は?

今すぐこれらの疑問を解決して、正しいスキンケアを習得しましょう。

◆安易なピーリングに潜む危険性とは?

一昔前に流行ったピーリングは、酸を使用した薬剤で肌表面の角質を除去するという方法でした。
これがいわゆるケミカルピーリングというもので、エステなどで行われている施術法になります。
しかし、酸性の薬剤を使うため、施術後の皮膚トラブルが相次ぎブームは収束していきます。

ここで一旦、角質ケアのお話をしていきます。
まず「角質」とは、肌表面に溜まる老廃物と考える人が多いと思います。
肌の構造は肌表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」と分かれていて、角質とは表皮の最上面に存在する言わば肌のバリア層です。

皮膚は常に新しい細胞を作り続けていて、これが俗に言う「ターンオーバー」と言うものです。
このターンオーバーが正常に行われていてば、そもそも「不要な角質」と言うのは溜まらないようになっています。

年齢を重ねるとターンオーバーが乱れる、と言う話を耳にしたことはありませんか?
実は加齢によってターンオーバーが乱れると言う説にも決定的な根拠はなく、むしろ「過剰なクレンジング」「過度なスキンケア」によって角質層が薄くなっている可能性すらあるそうです。

先ほども述べたように、角質とは肌のバリア層です。このバリアをケミカルな成分で除去し続けるとどうなるか、もうお分り頂けますよね。
バリアを失った肌は再構築するために一生懸命細胞を作り出します。
これこそがターンオーバーの乱れそのものなんです。
むしろピーリングなどで角質除去を続けていると角質層の働きはどんどん過剰になってしまい、結果的にまた角質ケアに手が伸びる、と言うサイクルに陥ります。

安易なピーリングは肌本来のターンオーバー機能を阻害しかねないと言う危険が潜んでいます。

◆「角質=バリア」じゃあ角質ケアって要らないの?

では、肌のゴワゴワ感やくすみに対して角質ケアは不要なのか、と言うと答えは「NO」です。
「正しい角質ケア」なら肌の感触も明るさもアップしますし、吹き出物などのトラブルも解決することが可能です。

普段拭き取りだけでメイクを落としていませんか?またはメイクをしたまま寝てしまうなんてことはありませんか?
日焼け止めはしっかり洗っていますか?朝の洗顔が手抜きになっていませんか?
肌のゴワつき、くすみの原因はこうした一つの手間を惜しむことで簡単に生まれてしまいます。

化粧品の成分は肌に蓄積すると吹き出物はもちろん、色素沈着の原因にもなってしまいます。
「朝洗顔は水」と言う方法も流行りましたが、それは化粧もスキンケアもしない人の話。

人は寝ている間にも細胞を作り続けていて、22時〜2時は肌のゴールデンタイムなんて言われるくらい活性化しています。新しい細胞が作られると言うこと=老廃物も盛んに排出されていると言うこと。
寝る前のスキンケアであろうと朝のメイク前は一度綺麗に洗顔で落とす必要があります。

ここで言う角質ケアとは、ピーリングで角質そのものを除去することではなく、角質が正しく機能するために余分な化粧品をしっかりオフするということです。

角質は肌にとって重要なバリア層。除去ではなく「守る」という視点でスキンケアをすることが重要です。

◆正しい角質ケアとは「柔らかくすること」

前述の通り、肌のごわつきやくすみの原因はメイク残りが大半を占めています。
蓄積したメイク残りは余分な角質をなって肌表面に溜まり、次第に厚く、硬くなり(これがゴワつきの元)、簡単には剥がれなくなっています。
これを一気に取り払おうとピーリングする人が多いと思いますが、それこそが間違った角質ケアのやり方。

ピーリングは酸の力で角質を溶かして剥離するという方法で、ピーリングと似たような効果のあるスクラブは角質を削り落とす方法になります。
どちらも一瞬の感触はツルツルになりますが、必要な角質まで除去されてしまい、肌が敏感になったり、ヒリつきや痛みが生じる場合があり危険です。

お風呂に入るとかかとやくるぶしの角質が柔らかくなってポロポロと落ちる、という経験は誰もがしていると思いますが、顔の角質だって同じです。硬いままの角質を簡単に除去することはできないのです。

つまり、正しい角質ケアとは「角質を柔らかくすること」。
手軽な方法はホットタオルを当てたり、浴槽で蒸気を浴びながらのメイクオフです。初期投資が必要ですが、スチーマーなども効果的ですよ。

しっかりとメイクを落としたい一心で、ゴシゴシと擦りたくなりますが、ミルクやジェル、オイルタイプのメイク落としで優しく、そして素早く落とすことが重要です。
メイク落としや洗顔は時間をかければかけるほど角質だけでなく、肌にとって必要な水分や油分も失われて行きますから手短に済ませるように気をつけましょう。

◆どうしてもの時は「スペシャルケア」として

とは言え、どうしても角質が気になるということもあるかと思います。
そんな時は「スペシャルケア」としてピーリングを取り入れるのも良いでしょう。
頻度は3週〜2週間に1回を目安に、ピーリング後はたっぷりの保湿を忘れずに。

最近は家庭で使えるピーリング剤の種類が豊富で、肌に優しい成分のものもたくさん出回っています。
しかし、ピーリングに頼りすぎは厳禁です。普段からのオフとケアも抜かりなく、丁寧に肌を守って行きましょう。

関連キーワード
エイジングケアの関連記事
  • 老化予防に最適!大人気アスタリフトの簡単シワ取り術
  • ピーリングは危険?!エイジングに直結する角質ケアの真相とは
  • マリオネットライン治療人気ランキング1位はヒアルロン酸?
  • ほうれい線対策はスキンケア化粧品?!原因別効く美容成分
  • マリオネットラインの原因は?気になるほうれい線との関係
  • 女性は見た目?!10歳若く見せる裏ワザ大公開!
おすすめの記事