フェイスラインと●●で-5歳を叶える脅威の美顔術とは

190511

 

第一印象は、その後の人付き合いに少なからず影響があると私は思っています。

例えば、笑顔で話す人と無表情で話す人どちらの印象が良いか?
私は間違いなく、前者の人に好感が持てます。
同じように、実年齢より見た目年齢が若くキラキラとした人には好感が持てると思うのです。

今回は、フェイスラインを整え、たるみ効果小顔効果がある物を使用方法を添えながらご紹介したいと思います。

・「歪み」が生む非対称を改善するだけで小顔効果あり!
・意外と知らない「頭皮ケア」でフェイスラインがすっきりとする。
・たるみの無いフェイスラインは、若返りの秘訣

▽歪みは、改善出来る!

顔は、真ん中を中心とした時に左右が非対称です。
美人の条件として、左右対称が美しいと言われるのは、ほとんどの人が当てはまらないからなのです。

稀な存在だからこそ、美しいといったところもあるかもしれませんね。

多少の非対称なら気にならないのですが、大きな誤差はメイクでズレを修正したり髪の毛でフォローしたりと手間がかかりますね。

10代の頃とだんだん変わってきたという人は、元々の輪郭から長い月日をかけて皮膚が下がってきたり筋力の衰えだと思います。

特に女性ならば気になりますよね。
「歪み」と「たるみ」は、マッサージや血流の見直しで改善されるのはご存知ですか?

たった1日では難しいですが毎日続ける事で「歪み」は、解消出来るのです。

・カッサ
色々な小顔矯正アイテムがある中、比較的使用しやすく、また手軽に使用出来るのでマッサージを重点的にしたい人にオススメですね。

今では百均にまであるカッサですので、まず百均で購入してみるのも良いかもしれません。
横顔から見た時に綺麗なラインを作りやすく、使用後すぐに効果が現れるのもカッサの良いところです。

▽頭皮ケアも同時に行うことが効果的!

頭皮ケアは、今は男性だけでは無く女性にとっても大切な効果があります。

男性が頭皮ケアをする理由として薄毛が思い浮かぶのではないでしょうか?

しかし、実はフェイスラインを整えるために頭皮ケアを推奨するコスメブランドも多くエイジングケアの一環として頭皮ケアをする人も。

顔の表情やハリ感を司る筋肉が集中する頭皮は、夜になる頃には疲れがたまります。
頭皮ケアをするならば寝る前が効果的ですね。

・ドクターシーラボ エスモEX 薬用髪育炭酸エッセンス 100g ・4500

炭酸のシュワシュワとした泡とドクターシーラボ独自のヘッドで頭皮の凝りと汚れを一気に解消してくれるアイテムです。

美容院のヘッドスパに行けなくても家庭で出来るヘッドスパとして使用出来ると思います。

・ヤーマン アセチノヘッドスパリフト
・12500

マッサージを重点的に出来る美容器として販売されているのですが、価格も美容器にしては安価で品質も申し分無しです。

疲れを頭皮に溜めない事で、翌日に顔がむくむといったトラブルを改善出来るので良いですね。

▽フェイスラインは、横顔も重要!寝る前の10分で大きな差が!

横顔のラインも年齢が出てきます。
たるんだ頬は、老けた印象になり逆に引き締まった頬や顎のラインは、若々しい印象になります。

自分では気付かない横顔のラインを1度、写真を撮って見てみると良いですね。
持ち上げたい部分をマッサージするだけで、リフトアップ効果は出てきます。

また、噛み合わせ部分のマッサージも良いと思います。
噛み合わせによって凝り固まっている表情筋をマッサージでほぐす事で
表情豊かに筋肉が動かせるので、自然とリフトアップ効果も得られるのです。

上記に挙げた、カッサなどが効果的です。
顎のラインに沿ってカッサを使用すると血流が良くなります。

難しい手順も必要とせず、寝る前の10分程度をマッサージにあてるだけでも、変化があるでしょう。

効果はマッサージ直後から体感する事ができます。
マッサージ部分がポカポカと内側から暖かく感じます。
マッサージの方法に不安な場合は、ポカポカとしてくれば成功と言って良いでしょう。

▽頭皮も、顔の表面にも古い角質は蓄積されます。

古い角質は、見た目年齢に影響を与える「シワ」「シミ」の原因になります。

首、頭などの血行が悪い部分から顔全体に影響が出てくるので、あまりにも放置したままですと大顔になったり二重アゴの原因になります。

毎日の入浴時間に頭皮ケアをしながら、寝る前にマッサージをするという一連の流れが確立されればベストですね。

リフトアップ導入液は、重力に逆らって使用しましょう。
下から上にぬり込むイメージで使用すると良いですね。
その時、首もしっかり美容液を塗るように心がけたいところ。
首にも、シワがある、なしでは見た目年齢が変わりますので、忘れずにケアしましょう。

コメントを残す